S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

<< [ 2017-08 ] >>

めいなっち

台湾にて、初めての子育て奮闘中!!

PROFILE

めいなママ

めいなママ

パパ・・・ みずがめ座 B型
ママ・・・   しし座  A型
めいな・・みずがめ座 O型

親子3人、台湾で初めての海外生活中!

admin

CATEGORIES

MONTHLY

R.COMMENTS

R.TRACKBACKS

LINKS

--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事の上へ

10月20日 ヤクルト

2歳前後から始まるという、噂のイヤイヤ期。
しばらく前から「片足突っ込んだなぁ~」
と感じていたけど、どうやら本格的に全身どっぷり浸かってしまった模様。
思うようにならないと怪獣に変身するのである・・・。

キッズルームなどで自分が遊んでいるおもちゃを取られそうになると、
ギャンギャン泣きわめき、お友達をバシバシ叩きながら死守。
めいなっち、ただでさえ大きな声なのでフロア中に響き渡る。
スタッフのお姉さんが飛んできたこともある。
母親の私でもかなり”引く”光景です・・・。

そしておなじみの「イヤイヤ」
何でもとりあえず一度は「イヤ!」
これまた大きな声でハッキリ「イヤ!」
合言葉は「イヤ!」

そんなになんでもイヤイヤ言っていたら社会性なんて全く身につかないぞ!
優しい子に育って欲しいものです。

めいなの社会性と言えば、お買い物。
家のおもちゃを一つずつ手にしては
「ぴっ、ぴっ・・・」
レジのバーコードの読み取りのマネ。
携帯で遊んだり、レジごっことは。
現代っ子だねぇ~。

そしてマンション内のコンビニでは
一人でヤクルトなら買うことができます。
棚からヤクルトを一つ手に取り、
「ぴっ」
レジの机に背伸びでヤクルトを乗せピッの催促。
そしてママを見て「お金を出して」とプレッシャー。
レジのお姉さんにストローをもらうとさっさとお店を出て、
花壇に座り込み飲む準備。

台湾のヤクルトは一つ100cc。
ちょっとデカイ・・・。
1個6元でバラ売りもある。
1歳児のお買い物にはちょうどいいサイズ。
いつも2人で半分こしてます。
「1杯のかけそば」ならぬ、「1本のヤクルト」です。
IMG_0323.jpg


この記事の上へ

10月20日 不思議バトン

チィちゃんママからの"不思議バトン"で~す。
ルールは①②③は、回してくれた人の質問に答える。
④は次の人への質問を3つ考える。
⑤はバトンをまわしてくれた人へのメッセージ。
⑥はバトンを回す人3人を指名。

ではでは。

①100万円当たったら何に使いますか?
100万かぁ~。
日本に帰ったらときに車の頭金にしようかな?
普段絶対に買わないブランド物のバッグとかアクセサリーとか買ってみる?
めいながお嫁に行く時に持たせてあげるとか??
ん~~でも・・・やっぱり、堅実に家のローン返したいと思います。
夢がないなぁ~、私って・・・。

②今まで行った旅行で思い出深い場所はどこですか?
パパと2人でスノボに行った北海道かな?
マイナス15℃のパウダースノー、
お寿司にジンギスカン。
最高だったね!!

③あなたのところにドラえもんが来てくれたらどうしますか?
そりぁ~もう、どこでもドアをいただきたいです!
いただけないなら、貸してください!
どこでもドアがあれば、めんどくさがりで出不精なワタクシも
少しは活動的に動けるかなぁ?なんて思ってみたり。
他力本願ナリ・・・。

⑤バトンをまわしてくれたチィちゃんママへメッセージ
新潟で頑張ってる様子、ブログからよ~~く伝わってくるよ。
千葉でも新潟でも、チィちゃんママの順応性の高さに驚き&尊敬。
スバラシイわ!!
私も負けないように頑張るよ!

④と⑥は回す人がいないので省略。

こんな感じかな?
いかがでしょう。


めいなは、マンション内のこのオブジェを見ると
「ぱぁ~。ぐーぱー、ぐーぱー」(グーチョキパーのグーとパー)
と言います。
と、鳥ですけど・・・。
なかなかの想像力だわ。
IMG_0293.jpg

めいなザル(霊長目ヒト科)
IMG_0298.jpg


この記事の上へ

10月18日 世にも奇妙な物語

日本に帰っている間、テレビは秋の特番オンパレードでした。
テレビっ子ママには天国な日々だけど、
子供が出来てからはなかなか見れなくなったなぁ。

夜、ゆっくり時間が出来た日に、
「世にも奇妙な物語」
を見ることが出来た。

ワタクシ、この夏にサーティーズの仲間入りをしたいい大人ですが、
「家族会議」というお話で号泣。
家族を持った今、とても考えさせられグッとくる話だった。

ママが田中美佐子、パパが渡辺いっけい、あと低学年くらいの女の子が一人という3人家族。
俳優さんも大好きな人たちだったので、余計にはまってしまった。

簡単にストーリーを説明すると・・・

ある日、大事故に遭い生死のはざまを彷徨う一家。
目が覚めるとなぜかいつもの生活に。
しかし、3人とも同じ夢を見ていた。
「三人は死ぬ運命。ただし、三人のうち一人の命を犠牲にすれば、他の二人は助かる。三日後の午前0時までに誰か一人を殺しなさい。もし、その一人を決められなければ、全員が死ぬことになる。自殺は認めない。そして、生き残った者たちは、ここで得た、その家族に対する気持ちを、生涯忘れることはない。ここは生と死のはざまの町。誰が死ぬのか、家族会議をして決めなさい。」
当然のように父と母は自分を殺してくれと言い合う。
お互いに「子供にはあなたが必要だから」と。
それを娘が泣きながら止める。
家族会議・・・。

結局、残りの三日間を家族3人で楽しく過ごそうということになるが・・・。
父はこっそり愛人に手紙を書いたり、階段の柵に細工をして母を転落させようとしたり、
冷蔵庫の牛乳に毒を盛ったり。
娘は牛乳が苦手で飲まないから、飲むのは母だけ。
母はそんな父に不信感を抱き、最後の晩に
リビングでうたた寝をしている父を殺そうとする。
しかし、なかなか決断できないで躊躇しているとタイムリミットが迫ってきた。
「早く殺せ!!時間がないんだ!!」と怒鳴る父。
母は、今までの工作が父の芝居だったことに気づく。
父は自分を殺させるために、いろいろ仕掛けをしていたのだ。

23時59分・・・・。
そうこう言い合っているうちに、娘が起きてきて決意の顔でこう言う。
「最後にやり残したことがあるの」
と、冷蔵庫の牛乳を飲む・・・・・・・・・・。



病院のベッドで目が覚める父と母。
娘を殺してしまったと苦悩する。
自分達だけが助かってしまったと・・・。
枕元に娘からの手紙。
「牛乳が毒入りであったことは知っていたよ。
でも、パパに殺されたってことで自殺じゃないからパパとママは生き残れるよね?」
という内容。

結局、娘も生きていてハッピーエンド。
生涯忘れることのない家族に対する気持ちを手に入れた。
<もっと詳しいあらすじはこちら

世にも奇妙な物語、かれこれもう15年以上続いているらしい。
時々こういうドキッとさせられるストーリーに出会う。
現実にはありえない状況だけど、
私だったらどうするだろうか・・・。
ドラマの家族が決めたように、最後の3日間を楽しく過ごして
みんな一緒に死ぬかな?

父は自分が死んだ後は誰か経済力のある人と再婚してくれといい、
母も自分が死んだ後は後妻をもらってくれといい、
子供は・・・。

ここが一番泣けるポイント。
自分が死んだら、また子供を産んで欲しい。
自分が生まれ変わってくるからと。


でもね、誰の代わりもない。
その人じゃなきゃ!!
誰かが代役を務めても家族にはならない。
その人だから成り立つ家族。
大切にしなきゃいけませんね。

IMG_0319.jpg

こんな格好で寝てるけど、我が家のかけがいのない娘です。
何でもかんでも「イヤッ!!」を連発するめいなだけど、
子育てに行き詰まったらこのドラマを思い出して、
あの切ない親子の思いを感じたいと思います。

この記事の上へ

10月17日 ぎょっ!

IMG_0317.jpg


これ、なんでしょう??

汚い話ですが・・・。
めいなの「耳垢」です。

近頃めいなは耳かきが大スキ。
1日に何度も「みみぃ~~」
と耳かきをせがんでくる。
赤ちゃん時代から、耳は怖くてあまり深く掃除はしていなかったけど、
あまりに気持ちよさそうにしてるから今日はちょっと奥まで挑戦。

クルッと綿棒を回すとめいながブルッと身震い。
ありゃ?痛かったかな?
と思ったら、片手を上げたまま固まっている。
「あぁ~~、そこそこ!」
っと言いたげな表情。
何度かクリックリッ。
すると、ごそっ!
んんっ???
なんか取れたっ!!!

で、こんなビックな耳垢が。
1年8ヶ月分の耳の汚れが両耳からスッキリ取れました。

言葉もだんだん増えてきて相当こっちの話も分かっているであろうめいなっち。
都合の悪いことは「あたし、あかちゃんだからわかりませ~ん」
みたいな顔するけど、
明日からはそんなの許しませんよ!!

この記事の上へ

10月17日 いざ北海道! 10/10の巻

10月10日

やっと晴れた・・・。
見よ!この秋の青空!!
IMG_0281.jpg

ちなみに風景は網走刑務所なり~。

まだ旅を続ける二人と網走駅でお別れし、空港へ。
いや~、パパと旅行に行って初めての雨の旅だったわ。
それでも、一番悪いところはうまいこと回避してたみたいだけど。
晴れ男パワー、健在か??

女満別から羽田へ。
羽田で日本最後のお昼ご飯。
日本に帰ったら必ず食べなきゃいけないもの
「焼肉」!!
空港内のトラジで少々慌しくも焼肉を堪能。
あぁ~~~、日本の肉はなんでこんなに美味しいのかねぇ~。
台湾人にも食べさせてあげたいわ。

羽田から成田へは渋滞のため、バスがアクアラインを通ってくれた。
アクアライン、初めてだわ♪
海の中を走ってるみたいで、これもひとつの旅の思い出。

バスの中でガッツリお昼寝をしためいなっち。
台湾への飛行機のなかでは炸裂してくれちゃいました。
超長距離の運転でお疲れのパパ、
風邪気味のママ、
足元でのた打ち回るめいな。
この時期の台湾行きの飛行機は激込みなのよ・・・。
最悪だ・・・。
おとなしくしてくれ~~~。

でも、めいなもずっとチャイルドシートだったから
思いっきり遊びたいよね。
しばらく外遊びにお付き合いしたいと思います。

でっかい北海道の長い旅。
お腹が空いたという思いは一度もしないくらいに食べ続けたような・・・。
あとは、お天気のいいときにまた行ってみたいなぁ。
めいなもパパとこんなに長く一緒にいられることはないから、
パパにべったり。
沖縄のとき同様、父と子の絆が深まったようにみえます。



この記事の上へ

SEARCH

いくつになったかな??


*script by KT*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。