S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

<< [ 2017-08 ] >>

めいなっち

台湾にて、初めての子育て奮闘中!!

PROFILE

めいなママ

めいなママ

パパ・・・ みずがめ座 B型
ママ・・・   しし座  A型
めいな・・みずがめ座 O型

親子3人、台湾で初めての海外生活中!

admin

CATEGORIES

MONTHLY

R.COMMENTS

R.TRACKBACKS

LINKS

--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事の上へ

06月30日 駐在員の妻

さっき、とある方のブログを読んで考えさせられた。
内容は「駐在員の妻の葛藤」
海外駐在は、本人も家族もいろいろ大変。
「駐在員のためのメンタルヘルスケア」のようなものあるくらい。
何を最優先させていくか・・・。

結果はお2人の夫婦愛が解決♪
きっとお2人らしい、夫婦・家族の関係ができるでしょう。

そういう私も駐在員の妻。
台湾赴任が決まった時はつわり真っ只中。
赴任する頃にはもう8ヶ月。
したがって、パパは単身赴任。

初めて一人暮らしをするパパが心配で、
細かいことをあれやこれやとやかましく言ってたなぁ。

いよいよ赴任の日、大きなお腹で成田まで見送りに行き、
一人で誰もいない家に帰ったときは涙が止まらなかった。
心配と不安と寂しさで。
一緒に義弟夫婦と私の両親も行ったのだけど、
意地っ張りな私は「一人で帰れるよ~」と余裕を見せていた。
ある意味、一人で正解だったけどね。

それからというと・・・。
私は最悪の妻でした。
妊娠中でナーバスだったせいもあると思うけど、
初めて海外赴任して仕事も大変なパパに毎日毎日グチグチと国際電話。
「夫をサポート」なんてとてもできず、サポートしてもらっていた。

パパの会社では、帯同家族は赴任後3ヶ月経たないと赴任地に行くことは出来ない。
私は妊娠中だったから全く気にしていなかったけど。
あとでインターネットなどでいろいろ見ると、そういう会社は多いらしい。
慣れない地での仕事と生活を始める社員の負担を減らすため、だそうだ。
慣れない地で慣れない生活をする妻や、
慣れない地で慣れない学校に行く子供の世話までしていては
仕事にならないということだろう。

それなのに・・・。
負担を重くするだけ重くしちゃいました(恥)
いけませんねぇ。

私は、専業主婦でいられる人間じゃない、
と自分でも思っていたし、私が診ていた患者さんにもよく言われた。
でも、今では専業主婦やるしかない状況。

めいなと遊んだり、いろいろな世話で慌しく過ぎていく毎日。
連日仕事でお疲れのパパは家庭で休めているかしら??
休めてなさそうだなぁ。

仕事のように分かりやすい結果が出ないのが主婦業のつらいところ。
でも、私自身のあり方をちょっと考えてみたいと思う。

私の居場所は社会の中にあると思っていたけど、
今は家庭の中にあるみたい。

今日はステキなブログを読ませていただいて、
ほっこり気分♪
我が家もほっこりになりたいものです。





スポンサーサイト

この記事の上へ

SEARCH

いくつになったかな??


*script by KT*

--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事の上へ

06月30日 駐在員の妻

さっき、とある方のブログを読んで考えさせられた。
内容は「駐在員の妻の葛藤」
海外駐在は、本人も家族もいろいろ大変。
「駐在員のためのメンタルヘルスケア」のようなものあるくらい。
何を最優先させていくか・・・。

結果はお2人の夫婦愛が解決♪
きっとお2人らしい、夫婦・家族の関係ができるでしょう。

そういう私も駐在員の妻。
台湾赴任が決まった時はつわり真っ只中。
赴任する頃にはもう8ヶ月。
したがって、パパは単身赴任。

初めて一人暮らしをするパパが心配で、
細かいことをあれやこれやとやかましく言ってたなぁ。

いよいよ赴任の日、大きなお腹で成田まで見送りに行き、
一人で誰もいない家に帰ったときは涙が止まらなかった。
心配と不安と寂しさで。
一緒に義弟夫婦と私の両親も行ったのだけど、
意地っ張りな私は「一人で帰れるよ~」と余裕を見せていた。
ある意味、一人で正解だったけどね。

それからというと・・・。
私は最悪の妻でした。
妊娠中でナーバスだったせいもあると思うけど、
初めて海外赴任して仕事も大変なパパに毎日毎日グチグチと国際電話。
「夫をサポート」なんてとてもできず、サポートしてもらっていた。

パパの会社では、帯同家族は赴任後3ヶ月経たないと赴任地に行くことは出来ない。
私は妊娠中だったから全く気にしていなかったけど。
あとでインターネットなどでいろいろ見ると、そういう会社は多いらしい。
慣れない地での仕事と生活を始める社員の負担を減らすため、だそうだ。
慣れない地で慣れない生活をする妻や、
慣れない地で慣れない学校に行く子供の世話までしていては
仕事にならないということだろう。

それなのに・・・。
負担を重くするだけ重くしちゃいました(恥)
いけませんねぇ。

私は、専業主婦でいられる人間じゃない、
と自分でも思っていたし、私が診ていた患者さんにもよく言われた。
でも、今では専業主婦やるしかない状況。

めいなと遊んだり、いろいろな世話で慌しく過ぎていく毎日。
連日仕事でお疲れのパパは家庭で休めているかしら??
休めてなさそうだなぁ。

仕事のように分かりやすい結果が出ないのが主婦業のつらいところ。
でも、私自身のあり方をちょっと考えてみたいと思う。

私の居場所は社会の中にあると思っていたけど、
今は家庭の中にあるみたい。

今日はステキなブログを読ませていただいて、
ほっこり気分♪
我が家もほっこりになりたいものです。





スポンサーサイト

この記事の上へ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
day 2012-12-18 21:04
name
trip
url

[ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のURL:http://mememememeina.blog46.fc2.com/tb.php/144-06526384

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。