S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

<< [ 2017-08 ] >>

めいなっち

台湾にて、初めての子育て奮闘中!!

PROFILE

めいなママ

めいなママ

パパ・・・ みずがめ座 B型
ママ・・・   しし座  A型
めいな・・みずがめ座 O型

親子3人、台湾で初めての海外生活中!

admin

CATEGORIES

MONTHLY

R.COMMENTS

R.TRACKBACKS

LINKS

--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事の上へ

10月18日 世にも奇妙な物語

日本に帰っている間、テレビは秋の特番オンパレードでした。
テレビっ子ママには天国な日々だけど、
子供が出来てからはなかなか見れなくなったなぁ。

夜、ゆっくり時間が出来た日に、
「世にも奇妙な物語」
を見ることが出来た。

ワタクシ、この夏にサーティーズの仲間入りをしたいい大人ですが、
「家族会議」というお話で号泣。
家族を持った今、とても考えさせられグッとくる話だった。

ママが田中美佐子、パパが渡辺いっけい、あと低学年くらいの女の子が一人という3人家族。
俳優さんも大好きな人たちだったので、余計にはまってしまった。

簡単にストーリーを説明すると・・・

ある日、大事故に遭い生死のはざまを彷徨う一家。
目が覚めるとなぜかいつもの生活に。
しかし、3人とも同じ夢を見ていた。
「三人は死ぬ運命。ただし、三人のうち一人の命を犠牲にすれば、他の二人は助かる。三日後の午前0時までに誰か一人を殺しなさい。もし、その一人を決められなければ、全員が死ぬことになる。自殺は認めない。そして、生き残った者たちは、ここで得た、その家族に対する気持ちを、生涯忘れることはない。ここは生と死のはざまの町。誰が死ぬのか、家族会議をして決めなさい。」
当然のように父と母は自分を殺してくれと言い合う。
お互いに「子供にはあなたが必要だから」と。
それを娘が泣きながら止める。
家族会議・・・。

結局、残りの三日間を家族3人で楽しく過ごそうということになるが・・・。
父はこっそり愛人に手紙を書いたり、階段の柵に細工をして母を転落させようとしたり、
冷蔵庫の牛乳に毒を盛ったり。
娘は牛乳が苦手で飲まないから、飲むのは母だけ。
母はそんな父に不信感を抱き、最後の晩に
リビングでうたた寝をしている父を殺そうとする。
しかし、なかなか決断できないで躊躇しているとタイムリミットが迫ってきた。
「早く殺せ!!時間がないんだ!!」と怒鳴る父。
母は、今までの工作が父の芝居だったことに気づく。
父は自分を殺させるために、いろいろ仕掛けをしていたのだ。

23時59分・・・・。
そうこう言い合っているうちに、娘が起きてきて決意の顔でこう言う。
「最後にやり残したことがあるの」
と、冷蔵庫の牛乳を飲む・・・・・・・・・・。



病院のベッドで目が覚める父と母。
娘を殺してしまったと苦悩する。
自分達だけが助かってしまったと・・・。
枕元に娘からの手紙。
「牛乳が毒入りであったことは知っていたよ。
でも、パパに殺されたってことで自殺じゃないからパパとママは生き残れるよね?」
という内容。

結局、娘も生きていてハッピーエンド。
生涯忘れることのない家族に対する気持ちを手に入れた。
<もっと詳しいあらすじはこちら

世にも奇妙な物語、かれこれもう15年以上続いているらしい。
時々こういうドキッとさせられるストーリーに出会う。
現実にはありえない状況だけど、
私だったらどうするだろうか・・・。
ドラマの家族が決めたように、最後の3日間を楽しく過ごして
みんな一緒に死ぬかな?

父は自分が死んだ後は誰か経済力のある人と再婚してくれといい、
母も自分が死んだ後は後妻をもらってくれといい、
子供は・・・。

ここが一番泣けるポイント。
自分が死んだら、また子供を産んで欲しい。
自分が生まれ変わってくるからと。


でもね、誰の代わりもない。
その人じゃなきゃ!!
誰かが代役を務めても家族にはならない。
その人だから成り立つ家族。
大切にしなきゃいけませんね。

IMG_0319.jpg

こんな格好で寝てるけど、我が家のかけがいのない娘です。
何でもかんでも「イヤッ!!」を連発するめいなだけど、
子育てに行き詰まったらこのドラマを思い出して、
あの切ない親子の思いを感じたいと思います。
スポンサーサイト

この記事の上へ

SEARCH

いくつになったかな??


*script by KT*

--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事の上へ

10月18日 世にも奇妙な物語

日本に帰っている間、テレビは秋の特番オンパレードでした。
テレビっ子ママには天国な日々だけど、
子供が出来てからはなかなか見れなくなったなぁ。

夜、ゆっくり時間が出来た日に、
「世にも奇妙な物語」
を見ることが出来た。

ワタクシ、この夏にサーティーズの仲間入りをしたいい大人ですが、
「家族会議」というお話で号泣。
家族を持った今、とても考えさせられグッとくる話だった。

ママが田中美佐子、パパが渡辺いっけい、あと低学年くらいの女の子が一人という3人家族。
俳優さんも大好きな人たちだったので、余計にはまってしまった。

簡単にストーリーを説明すると・・・

ある日、大事故に遭い生死のはざまを彷徨う一家。
目が覚めるとなぜかいつもの生活に。
しかし、3人とも同じ夢を見ていた。
「三人は死ぬ運命。ただし、三人のうち一人の命を犠牲にすれば、他の二人は助かる。三日後の午前0時までに誰か一人を殺しなさい。もし、その一人を決められなければ、全員が死ぬことになる。自殺は認めない。そして、生き残った者たちは、ここで得た、その家族に対する気持ちを、生涯忘れることはない。ここは生と死のはざまの町。誰が死ぬのか、家族会議をして決めなさい。」
当然のように父と母は自分を殺してくれと言い合う。
お互いに「子供にはあなたが必要だから」と。
それを娘が泣きながら止める。
家族会議・・・。

結局、残りの三日間を家族3人で楽しく過ごそうということになるが・・・。
父はこっそり愛人に手紙を書いたり、階段の柵に細工をして母を転落させようとしたり、
冷蔵庫の牛乳に毒を盛ったり。
娘は牛乳が苦手で飲まないから、飲むのは母だけ。
母はそんな父に不信感を抱き、最後の晩に
リビングでうたた寝をしている父を殺そうとする。
しかし、なかなか決断できないで躊躇しているとタイムリミットが迫ってきた。
「早く殺せ!!時間がないんだ!!」と怒鳴る父。
母は、今までの工作が父の芝居だったことに気づく。
父は自分を殺させるために、いろいろ仕掛けをしていたのだ。

23時59分・・・・。
そうこう言い合っているうちに、娘が起きてきて決意の顔でこう言う。
「最後にやり残したことがあるの」
と、冷蔵庫の牛乳を飲む・・・・・・・・・・。



病院のベッドで目が覚める父と母。
娘を殺してしまったと苦悩する。
自分達だけが助かってしまったと・・・。
枕元に娘からの手紙。
「牛乳が毒入りであったことは知っていたよ。
でも、パパに殺されたってことで自殺じゃないからパパとママは生き残れるよね?」
という内容。

結局、娘も生きていてハッピーエンド。
生涯忘れることのない家族に対する気持ちを手に入れた。
<もっと詳しいあらすじはこちら

世にも奇妙な物語、かれこれもう15年以上続いているらしい。
時々こういうドキッとさせられるストーリーに出会う。
現実にはありえない状況だけど、
私だったらどうするだろうか・・・。
ドラマの家族が決めたように、最後の3日間を楽しく過ごして
みんな一緒に死ぬかな?

父は自分が死んだ後は誰か経済力のある人と再婚してくれといい、
母も自分が死んだ後は後妻をもらってくれといい、
子供は・・・。

ここが一番泣けるポイント。
自分が死んだら、また子供を産んで欲しい。
自分が生まれ変わってくるからと。


でもね、誰の代わりもない。
その人じゃなきゃ!!
誰かが代役を務めても家族にはならない。
その人だから成り立つ家族。
大切にしなきゃいけませんね。

IMG_0319.jpg

こんな格好で寝てるけど、我が家のかけがいのない娘です。
何でもかんでも「イヤッ!!」を連発するめいなだけど、
子育てに行き詰まったらこのドラマを思い出して、
あの切ない親子の思いを感じたいと思います。
スポンサーサイト

この記事の上へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のURL:http://mememememeina.blog46.fc2.com/tb.php/214-74efd353

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。